Author Archive

タイヤパターンと特徴に大きく変わりはあるのか?

テクスチャー14タイヤパターンは別名トレッドパターンとも呼ばれ、その形状によって特性に違いがあります。
リブ型の形状は、タイヤの周回方向に連続した模様です。これは、操縦性がよく横滑りが少ないです。また排水性に優れ、転がり抵抗が小さく経済的です。さらに低騒音であることから、一般的な乗用車に使用されます。
ラグ型の形状は、タイヤの周回方向に対して直角に連続したヨコ溝を掘るものです。これは、駆動力及び制動力に優れ、けん引力が強いといった特徴があります。また対カット性にも強く、悪路走行にも適しています。建設車両や農耕車両に使われています。
リブラグ型は、前記のリブ型とラグ型を併せた模様で、タイヤ中央がリブ、タイヤの両端がラグになっています。リブで操縦を安定させ、横滑りを防止し、ラグで駆動力及び制動力を発揮させます。バスやトラックに使用されています。
ブロック型は、独立したブロックを配列した模様になっています。駆動力及び制動力に優れ、雪道や悪路での操縦性に優れ、安定性が良いです。スノータイヤやスタッドレスタイヤに使用されています。このパターンは、接地面とのグリップが高い反面、ノイズを発生し、高速走行の際、「ダー」という音がでます。
これらの模様とは別に、タイヤには細かい切込みが入っています。この切込みをサイピングといい、模様の溝で排除しきれなかった水を、細かい溝で吸い取り、タイヤを路面に密着させる働きをしています。

タイヤの溝は雨の日に働く

テクスチャー15新車で車を購入すると何もかもが新品の状態ですが、タイヤももちろん新品です。
新品のタイヤというのは、溝が8ミリ程度あるようになり、走行距離が延びるごとに深さがなくなってしまいます。
深さがなくなったからと言っても走行が出来ないというわけではありませんが、安全性が薄れていくようになるのです。
まず何のために深く刻まれているかというと、雨の日に安全に走行するためですので、深さがなくなってしまえばその力を発揮することが出来なくなってしまいます。
それではどのくらいになれば深さが足りなくなってきているかというと、3㎜前後になると変化が現れてくるようになるのです。
そのくらいになってくると、雨の日にブレーキを踏んでもとまりづらいという風になり、安全性が薄れてくるようになりますので、このくらいになってくるとタイヤの交換を検討するようにしなくてはなりません。
しかし金銭的に余裕がない場合には交換をすることが出来ませんが、そのまま放置した状態で走行をするととても危険です。
そして1.6㎜以下のタイヤとなると、整備不良の対象とされてしまいますので、交換をしなければなりません。
違反だからいけないというのではなく、安全のためにも必要な時期には交換するようにしておきましょう。

コンフォートタイヤとスポーツタイヤの違い

テクスチャー16コンフォートタイヤの特徴としては、基本的に乗り心地が良いものがほとんどです。また、ロードノイズも静かなものが多く使用ライフも長めです。乗り味は全体的にしなやかという感じです。したがって高級車セダンの性格によく合うタイヤといえるでしょう。ハンドリング面では、キビキビ感とは正反対にハンドルを切ってからワンテンポ遅れて車体が反応するようなゆったりとした感覚です。溝が少なくなってきても性能ダウンの幅が大きくないのも特徴の一つです。これに対してスポーツタイヤは基本、正反対の性格を持ってます。乗り心地は固いものがほとんどで、ロードノイズも静かなものはほとんど存在せず使用ライフも短いものが多いです。乗り味はキビキビ走るという感じです。そして一番の魅力は「グリップの良さ」であるといえます。例えば、カーブに進入する際にスポーツ系以外のタイヤで60キロでタイヤが鳴いてアンダーステアがでたとします。これがスポーツタイヤの場合ですと、60キロ以上でカーブに進入しても鳴きもせずアンダーステアもでずフロントタイヤがよく踏ん張って曲がることができます。よって安全面でも安心感があります。グリップが良いため制動距離も若干短くなりという面も魅力です。また、回転方向性が決まっているタイプも多いのがこのタイヤの特徴の一つです。

ウェット性能とは

テクスチャー17ウェット性能とはとは濡れた路面に対する性能を示す指標で、雨の日のブレーキに影響しますから、滑り易い路面に対して安心のブレーキ性能を求める場合は、止まり易いタイヤを使用する必要があります。
溝には水を排出する大切な役割があり、路面とタイヤの間に水が溜まるのを防ぐ効果があるので、タイヤに付着した雨は溝を通り移動します。
タイヤの溝はメーカーや製品によって異なりますし、長く使うと摩擦ですり減りますから、常に新しい状態を保つ事は大切なので、定期的にタイヤを確認して寿命のチェックを行う事が大切です。
安心して車を運転する為の手間暇ですから、怠らない習慣が安全に繋がり、ブレーキの効果を最大限に発揮する為の習慣ですし、事故を未然に防ぐ責任があります。
溝が浅くなったタイヤは雨の通り道が小さくなるので、特に大雨の路面は水分量が多いですから、排出が間に合わなくなる可能性があり安全性に大きく影響します。
必要な時に止まれる事が必要ですし、ブレーキがタイヤまで伝わる事が重要なので、様々な状態の路面に対応する事が欠かせず、高性能なタイヤを使用するだけではなく状態を確認して保つ事が出来れば、本来の能力を発揮してブレーキの効果に自信が持てます。

タイヤの溝は何のためにある?

テクスチャー18タイヤは、クルマの部品の中で唯一路面と接地しており、路面にしっかりと食いつくことによって、走ったり止まったりする力を路面に伝えています。しかし、雨の日にタイヤと路面の間に水が入り込みますと、力を十分に伝えられずにスリップしたりします。そのため、このタイヤと路面の間の水を抜くために、タイヤには溝(グルーブ)があるのです。タイヤは回転しながらここを通して、遠心力によって水を後方にはき出して、路面との接地を確保しいています。
しかしながら十分な深さがないと、水をはき出すことができず、その役割を果たせません。すり減ったタイヤで雨の日に高速走行すると、タイヤが路面をつかみきれずクルマのコントロールが効かなくなります。この危険な状況をハイドロプレーニング現象です。ハイドロプレーニング現象を起こさないためにも、普段からタイヤの状態には注意が必要です。
一般的な乗用車用の新品タイヤには、8mmの深さのグルーブが彫ってあります。これが4mmになるまでタイヤが磨り減ると、雨の日の制動距離が伸びて、早めにブレーキを踏まなければならなくなり、またカーブが曲がりづらくなります。また、グルーブの中にはスリップサインという1.6mmの盛り上がりがあります。このスリップサインが出てくるまでタイヤがすり減りますと、法律でも使用が禁止されています。
安全運転のために、グルーブの深さが4mmになりましたら、タイヤを交換することをお勧めします。

タイヤの役割と種類

テクスチャー19車は燃料を消費して前進する乗り物ですし、地面と接するタイヤは重要な役割が有りますから、繰り返し利用する事で劣化した場合は、状態を見て早めに交換する事が大切です。
地面との摩擦によって前進する事が出来るので、摩擦力が車の快適性に繋がる要素ですし、滑り易い路面に対応出来る能力が発揮出来ない場合は、事故の発生原因に繋がる恐れがあります。
一般的に販売される商品は、整備された道路を走る事を前提に作られていますし、耐久性の向上や走りのフィーリングを改善しますから、使い古された物よりは新品が最も良い状態です。
地域によって路面の特徴は変わりますし、雪国は滑り易さや路面の変化が発生しますから、対応出来る商品が提供される事によって、地域の特性に応じた走りを実現出来ます。
紫外線や摩擦がダメージを与えますから、耐久性を高める試験や新素材の開発が行われ、安全性を高めて車の性能を引き出す役割を担うので、重要性を考えて予算を割り振る事が必要です。
普段のケアも寿命を延ばす事に役立ちますし、汚れを取り除き定期的な点検が欠かせ無いので、命を預ける役割が有ると考える事が出来れば、重要性を再認識して大切に取扱う事に繋がります。

保管場所使用承諾証明書を提出しよう 

–¼Ì–¢Ý’è-2保管場所使用承諾証明書とは、車庫証明の使用承諾書のことで、月極駐車場など自分の土地以外の場所を車庫として車庫証明の申請を行う場合に必要な承諾書のことです。
この承諾書には、駐車所の管理会社(大家)に必要事項を記入してもらう必要があり、その際、手数料として何千円か請求されることが多いです。
しかし、手数料を支払いたくない場合は、駐車場の契約書のコピーでも代用ができます。
そもそも、地域によっては軽自動車の場合は車庫証明が不要なとこもあります。その場合にはこの承諾証明書も不要になります。軽自動車の車庫証明の届出は、県庁所在地の市や人口10万人以上の市などには必要で、届出や変更届出をしなかったり、虚偽の届出をした場合は、10万円以下の罰金が科せられます。
車庫証明は、行政書士の非独占業務のため、自動車販売店が手数料を取って行うことができますが、自動車の名義変更については行政書士の独占業務になります。そのため、自動車販売店が有償無償問わず、自動車の名義変更をすることは許されません。
しかし、実際は委任状を貰い、手数料を取って名義変更を行っている自動車販売店が陸運局には多くいるのが現状です。
近頃、自動車がネットで容易に入手できるようになり、中には金融車を乗っている人がいますが、自動車は購入後15日以内に名義変更や車庫証明を届け出る義務があります。
しかし、金融車の場合は、自動車ローン未払いのことが多く、所有者は信販会社のままですから変更手続きができません。場合によっては、盗難届が出されていると警察に捕まることもあります。
自動車を乗るには正しく法律を守って安全運転をしましょう。

保管場所の所在図や配置図を提出しよう

ピカピカ01自動車を購入する際には、所定の手続きの中に車庫証明書を作成する場面が用意されています。普通自動車の場合では、必ず作成する義務が生じており、保管場所を適切に指定することが必要とされています。保管場所の所在図や配置図というものを記載することになりますが、フォームに関してはディーラーなどで用意してもらうことも可能とされています。書面には文字で記載しなければならない部分もありますが、漏れのないようにしっかりと記入しておきます。図面に関しては、例えば戸建て住宅の場合では、住居部分と道路との配置を分かりやすく記載し、自動車を駐車するためのスペースについても同様に記載します。ここで問題になることがあります。駐車するためのスペースに問題無く自動車を停めることができることが何より必要とされているために、メジャーなどを利用してサイズ計測を行う必要があります。数センチ単位の細かい部分に関しては、ある程度大まかでも構いませんが、実際に駐車できるスペースを確保することが求められているために、もしも自宅の敷地内に停めることが出来ない状態であれば、近隣の駐車場などを借りて、その場所を指定することによって、解決することが一般的です。

車庫証明取得の流れを知ろう

ピカピカ02車庫証明(自動車保管場所証明書)を取得するには次の流れとなります。

第一のステップは、保管場所の確保です。自宅の敷地に適当な空き地があり、常時他の車がそこに駐車をしていなければ全く問題はありません。一般の駐車場を借りる場合には、自宅から2km以内にあることが必要です。

第二は、申請書の取り寄せです。管轄の警察署の窓口で取り寄せることができます。必要になるのは「自動車保管場所証明申請書」「保管場所標章交付申請書」「保管場所の所在図・配置図」「保管場所使用権原疎明書面」の四種が必要です。なお駐車場を借りる場合には駐車場の契約書などで使用権原疎明書面を代用できます。また警察によってはネット上からこれらの書類をダウンロードできたり、電子申請ができる場合もあります。

第三は、書類の記載です。これらの申請書には、証明を行う自動車の車名や形式などとともに、保管場所の位置や所有者、申請者の情報などを記載します。また保管場所と自宅との関係がわかる地図や駐車場内の配置図なども書き添える必要があります。さらに駐車場を借りる場合には駐車場の所有者の方や管理者の署名押印が必要です。

第四は、できた書面の申請です。警察署へ所定の時間(平日の日中ですが、詳しい時間帯は各警察にご確認を)に行って窓口に書類を提出します。申請には上記の各書類の他、手数料として5〜6千円が必要となります。申請が終わると、引換券がわたされ、いつ証明を発行してもらえるかを指示されます。

最後のステップは、証明書の受取です。指定された日以降の所定時間帯に警察署に受け取りに行きます。窓口で引換券を渡せば、証明書を受け取ることができます。