保管場所の所在図や配置図を提出しよう

ピカピカ01自動車を購入する際には、所定の手続きの中に車庫証明書を作成する場面が用意されています。普通自動車の場合では、必ず作成する義務が生じており、保管場所を適切に指定することが必要とされています。保管場所の所在図や配置図というものを記載することになりますが、フォームに関してはディーラーなどで用意してもらうことも可能とされています。書面には文字で記載しなければならない部分もありますが、漏れのないようにしっかりと記入しておきます。図面に関しては、例えば戸建て住宅の場合では、住居部分と道路との配置を分かりやすく記載し、自動車を駐車するためのスペースについても同様に記載します。ここで問題になることがあります。駐車するためのスペースに問題無く自動車を停めることができることが何より必要とされているために、メジャーなどを利用してサイズ計測を行う必要があります。数センチ単位の細かい部分に関しては、ある程度大まかでも構いませんが、実際に駐車できるスペースを確保することが求められているために、もしも自宅の敷地内に停めることが出来ない状態であれば、近隣の駐車場などを借りて、その場所を指定することによって、解決することが一般的です。

Comments are closed.