ウェット性能とは

テクスチャー17ウェット性能とはとは濡れた路面に対する性能を示す指標で、雨の日のブレーキに影響しますから、滑り易い路面に対して安心のブレーキ性能を求める場合は、止まり易いタイヤを使用する必要があります。
溝には水を排出する大切な役割があり、路面とタイヤの間に水が溜まるのを防ぐ効果があるので、タイヤに付着した雨は溝を通り移動します。
タイヤの溝はメーカーや製品によって異なりますし、長く使うと摩擦ですり減りますから、常に新しい状態を保つ事は大切なので、定期的にタイヤを確認して寿命のチェックを行う事が大切です。
安心して車を運転する為の手間暇ですから、怠らない習慣が安全に繋がり、ブレーキの効果を最大限に発揮する為の習慣ですし、事故を未然に防ぐ責任があります。
溝が浅くなったタイヤは雨の通り道が小さくなるので、特に大雨の路面は水分量が多いですから、排出が間に合わなくなる可能性があり安全性に大きく影響します。
必要な時に止まれる事が必要ですし、ブレーキがタイヤまで伝わる事が重要なので、様々な状態の路面に対応する事が欠かせず、高性能なタイヤを使用するだけではなく状態を確認して保つ事が出来れば、本来の能力を発揮してブレーキの効果に自信が持てます。

Comments are closed.